新生児に超絶おすすめな体温計とは?たった1秒で体温と気温がはかれる!

ぼくにも初めての子供が生まれました!

 

沐浴指導で体温が37度前後でないと入れないようにとのことでしたので、体温計を買おうかなと思っていた所非接触で体温がはかれるらしいので試しに買ってみたらものすごーく良かったのでみなさんにも超絶おすすめしたい!

 

 

体温計の種類と選び方

体温計を探していて困ったのは色んな種類の体温計があって、「体温計」としてちゃんと品質基準を通っているものと、そうじゃない「温度計」がごちゃまぜになって販売されていることです。

 

「体温計」と書かれている商品は薬機法によって医療機器として認められているので、必ず「体温計」と表示されているものを買った方が良いですね。

 

体温計の種類

  1. 脇の下ではかる体温計
  2. 耳ではかる体温計
  3. おでこではかる体温計

 

脇は20秒ほど時間がかかるけど精度がすごく高い。

耳は1秒で早く、精度も高い。

おでこも1秒で早いが少し精度は悪い。

 

こう書くと耳が一番良さそうな気がしますが、おでこではかるタイプは非接触型なので新生児に触れることなく体温が手軽にはかれるので泣くこともないし衛生的です。何より部屋の温度も体温計ではかれるのです!すごい!

 

体温も気温も1秒ピッ!

 

エアコンの効きすぎや、夏場の早朝は気温28度くらいだからエアコンなしで、29度くらいになったらつけようというのが手軽にできるのですよ!すごい便利!

 

ぼくが買った非接触型の体温計

価格も3000円台でそれほど高値でない

2万円もするハイグレードなタイプなどもあるようなのでそれに比べるとかなり安い

 

問題とされている精度についても、脇の下ではかるタイプを大人が試してみても誤差は0.2ほどしかなかったので全然問題なかったようです。はかる部位によって体温はかわるので気になる時は何度か試してみると良いかもしれません。

 

Amazonのレビューも大変参考になりました

夜中の検温は特に所要時間1秒は助かります。
なにせ、赤ちゃんはじっとしてくれないし、押さえつけて寝ているのを起こしてしまうのも困ります。

 

じっとしていてくれないのと、冷たさでギャン泣きでした。
看護婦さんに聞いたところ、非接触タイプの体温計があるからそれを使うとよいとのことで
買い物に行くのが難しいので頼んでみたところ、一先ずギャン泣きは回避できました。

Amazon.co.jp : dretec(ドリテック) 体温計 非接触 電子 測定 赤ちゃん ベビー TO-401BL(ブルー) : ホーム&キッチン

 

久しぶりにいい買い物した感があります。

 

まとめ

新生児の体調は崩れやすいので手軽に体温がはかれると新米パパのぼくでも安心して子育てができそうです!ピッピピッピなんでも温度をはかりたくなっちゃうくらいかんたんなので新米パパ・ママのみなさんも是非使ってみてはいかがでしょうか?

 

時価総額3兆のAirbnb創業ストーリーを読んだ気になれる一節をピックアップ

たった8年で時価総額3兆円を突破したAirbnbの創業話は有名ですね。

エンジニアとスタートアップの視点からですが、心に残った一節をピックアップしてみました。

 

Airbnbとは?

Airbnbは民泊マッチングサービスです。

日本では旅館業法に反するとして色々問題になってましたが、年間180日以内であればOKという閣議決定がされました。早くて2018年から解禁される予定ですね。

民泊サービスと旅館業法に関するQ&A |厚生労働省

 

では早速心に残った一節です

 

初めて民泊をやってみたときのシーン

3人のゲストはヒッピー系にはほど遠かった。みんなプロのデザイナーで、チェスキーたちの部屋がちょうど予算に合っていたというだけだ。もちろん、彼らにしてみれば、かなりの冒険だった。

1章 大ばくち / 34P

 

いわゆる起業の原体験のようなシーンで、予算にあった宿にはニーズがある、それがだれかの家でも。こういうアイデアはやってみないと分からないし、ユーザーに聞いても教えてくれないアイデアだと思う。だってAirbnbがなかったらだれかの家に泊まらせてもらおうなんてことを考えもつかない。Airbnbはこの体験から始まっている。

 

創業者のうち一人のエンジニアがアイデアに悲観的になったシーン

チェスキー=CEO/デザイナー

ゲビア=CPO/デザイナー

ブレジャージク=CSO/エンジニア

それでも、チェスキーとゲビアはアイデアを磨き、サイベルからフィードバックを受け、電話でブレジャージクと話し続けた。実際この時期に、新生エアベッド&ブレックファストの壮大な将来像がはっきりと見えてきた。大規模カンファレンスに的を絞るより、ホテル予約と同じくらい簡単に誰かの部屋を予約できるようなウェブサイトの方がいい。それは、今のエアビーアンドビーの核になるコンセプトだった。しかしそのためにはサイトの中で完結できる高度な決済システムを構築しなければならない。その上、レビューシステムとほかのすべての面ではるかに足腰の強いサイトが必要になる。

(中略)

だが、ブレジャージクが聞きたかったのはまさにそういうことだった。

1章 大ばくち / P47

 

創業者の3人はデザイナー2人とエンジニア1人で、最初の民泊はうまくいったが少し大きく展開しようとして失敗している。 その時に最後まで諦めなかったのはやっぱり今CEOをやっているチェスキーであるし、エンジニアはロジックで考えるので悲観的になりがちだ。

 

実際に新規事業の現場ではよくある光景で、ビジネスサイドがどうやったら今の問題を解決できるかを考えきれないとエンジニアは付いてこれないというのが自分の素直な気持ち。最終的に、ホテルと同じくらいだれかの部屋が予約できる世界っていうコンセプトがシンプルだし、チャレンジングだし、自分が作りたい世界とマッチした時エンジニアは覚醒するのだと思う。たぶんブレジャージクもね。

 

Yコンビネーターでのシーン

「そうか、君たちはマウンテンビューにいて、ユーザーはニューヨークにいるんだな?」

3人は顔を見合わせ、またグレアムを見た。

「はぁ」

「こんなところでなにぐずぐずしてるんだ?」グレアムは言った。

「ニューヨークへ行け!ユーザーのところに」

1章 大ばくち / 63P

 

プロダクトをよりよくする(グレアム的には「人がほしがるものを作れ」)には、ユーザーを事細かに観察してフィードバックを得るのが近道だ。ユーザーがニューヨークにいるならニューヨークに行かないと分からない。人がほしがるものを勝手に想像して作っても多くの場合本当に欲しかったものと違うものが出来上がってしまうことを指摘しているのだと思う。

 

エンジニアは椅子に座ってプロダクトを作ることが多いけれど、立ち上げるフェーズではユーザーを観察したりフィードバックを定期的に得られるような状態を作らないと人が欲しがらないものを作りかねない。

 

3人のチームから会社としてスケールするシーン

「ひとりめのエンジニアの採用は、自分の会社にDNAを入れるようなものだ」チェスキーはそうスタンフォードの学生に語った。言い換えると、新しい機能をいくつか足してもらうための採用ではない、ということだ。

2章 会社をつくり上げる / 74P

 

いくらスキルがあってもマインドが付いてこないと組織は大きくならないし強くなれない。必要だからと安易にエンジニアを採用していればきっとここまで成長しなかったんじゃないかな。どんなに難しくてもスキルとマインドの両方がセットになって初めて採用するべきだと経験的にも感じる。

 

この後、Airbnbで貸し出している部屋がめちゃくちゃにされたホストの話ではトラブルへの向き合い方や仕事観などが記述されているが、心に残ったのは序盤の立ち上がっていくシーンばかりだった。資金調達のために安いシリアルをスーパーで買ってきて、箱をデザインし直して販売する商魂たくましさとかユーモアのセンスもある。

f:id:kitahashi-ryoichi:20170625154437j:plain

"「オバマ・オー」シリアル販売"でのAirbnb (エアビーアンドビー)さんからの写真

 

最近Airbnbは民泊という旅の中の宿泊部分しかやってこなったのを、もっと広げようとして新しいサービスをリリースしました。

 

Airbnb、新サービス「トリップ」を公表。旅のニーズをひとまとめに、機能拡大。 | 日本最大級の民泊情報サイト MINPAKU.Biz | 民泊・Airbnb運用代行比較

 

暮らすように旅をしよう!はどこまで成長するのか

これからも目を離せませんね

新規事業で「SEOで集客する」の本当の意味を教えてやるから担当者は耳をかっぽじってよく聞け!

ぼくについて

今はとある企業でグロースハックという仕事をしているエンジニアです。

 

これまでSEOの会社でキュレーションメディアやったり、自分でメディア立ち上げたり、新規サービスやったりしてある程度SEOについて理解があります。その中で事業戦略上の「SEOで集客する」というのがものすごい簡単かつコストがかからないと思っている人がいるのでその幻想を打ち砕こうと思います

 

SEOで集客する前にやること忘れんな!!

新規事業だと最初はプロダクトを作って、リリースしたらユーザーを集めます。

すごくシンプルで、ユーザーを集めるためにSEOで自然にユーザーが入ってくるよ!

こんな能天気な事業計画書をよく見ます。

 

そもそも集客する前にプロダクトマーケットフィットといって、ユーザーに手にとってもらい、実際に使ってもらうレベルまでプロダクトを磨かないといけません。これがグロースハック最初のお仕事です。いくらすごいものを作ってもユーザーが使ってくれなければタダのゴミです。

 

ポール・グレアムが言うところの「人が欲しがるものを作れ」

 

実店舗で考えてみてください。

ラーメンがクソ不味いラーメン屋が、いくら集客をがんばってもクソ不味いんだから集めれば集めるほど悪い評判が立ってソッコーで潰れると思いませんか?

 

なぜかWebサービスだと、ユーザー体験がまだまだ求められているレベルに達していないのにSEOで集客しよう!みたいなフェーズになりがちで、コンサルティングファーム出身の手を動かさない系男子によく見られます。というのも手を動かす人はプロダクトを磨くのに手一杯だけど、手を動かせない人たちは序盤仕事がなくてこういう構図になりがちなのだと思っています。

 

SEOで集客する時に本当にやらなければいけないこと

本当にやらないといけないSEOの実務は大きく2つあります

  • キーワードプランナーで検索需要を分析すること
  • 検索需要からサイト構造とコンテンツフォーマットを決めること

 

SEOはマーケティングの中でも特殊な領域で、あらかじめ検索需要がわかる特殊な市場です。「京都 着物」の月間検索ボリュームが1万とかもう数値化されていて、その情報ニーズにどれだけ満足度高く応えられるかだけのシンプルなゲームです。

 

「SEOで集客する」を考える時には、まずこの検索需要を把握することから始まります。具体的に言うと、「着物」は月間検索ボリュームが10万くらいあって、「着物 京都」とか「京都 着物 体験」とかは1万くらいの需要がありますが、「着物 浅草」とかはほとんど検索ボリュームがないわけです。

 

f:id:kitahashi-ryoichi:20170415162050p:plain

f:id:kitahashi-ryoichi:20170415162053p:plain

 

この例から分かるのは京都で着物を来て散歩したいと思うのは他のメディアを通して知って、実際にやってみたいと思わせることができたからだと仮説が立てられます。一方で浅草は検索するほどではないか、そんなサービスがあることをそもそも知らないということが分かります。ただ、浅草にも着物レンタルで歩いている人はそれなりにいるので、ツアーなどの流れで提案されれば需要が刺激されてやってみようとなるコンテンツだということが分かります。

 

この場合のSEOで集客するっていうのは「着物 京都」だけにコンテンツを集中させて、その人達が知りたい情報を網羅的に掲載すること。コンテンツの見出しには複合キーワードを含むように設計して、テキストと画像は滞在時間をどれくらい伸ばせられるかを考えてリズム良く配置していきます。キーワード含有数を上げるために、タグやカテゴリーの運用も考慮にいれます。もし、浅草の着物レンタルのコンテンツがあれば、SEOでの需要は見込めないのでソーシャル・リアルでの露出や他のSEOコンテンツから導線を作るといった設計が別途必要になります。

 

これが基本的なSEOで集客するということの実務だと思っています。

単純にコンテンツ量を増やせば上がるのがSEOではないです。

事業全体の意思決定をする人は、SEOは需要が分かるマーケティングゲームだという理解だけで十分です。それさえ分かっていれば変な意思決定をすることはないです。

 

事業戦略に寄り添うSEO戦略とは

SEO単品で見れば単純に需要に対して良いコンテンツ作ればOKなのですが、あくまで集客の手段であって事業目的ではないのでちょっと複雑になります。

 

例えば食べログなんかは「おいしいをみつけよう」っていうキャッチを今使っています。検索したら評価の高い美味しい店が見つかるっていうのがコアなユーザー体験で、美味しいの定義は口コミと★の数で表現されます。食べログのプロダクトマーケットフィットは口コミをあつめてお店に★を付けることが出来て初めて他にない価値が生まれるのでユーザーが集まってきます。

 

安直にSEOだけで集客を考えると、こういう「目黒駅 ランチ」みたいなキーワードに対してまとめ記事を作ったりして、おすすめのお店のリンク先が食べログ本体みたいな構造にすると思います。ただ、それでは本当に大事な口コミが集まりません!

f:id:kitahashi-ryoichi:20170415164049p:plain

 

事業構想のインタビュー記事で個人ブロガーにフォーカスして口コミを集めたことが語られています。

村上 ログでレストランについて記事を書く人は多く、askU、東京グルメもありましたが、個人ブログがものすごい勢いで盛り上がってきた時期でした。最初はブロガーに焦点を絞り、トラックバックで簡単に投稿できるツールを作ったり、ブログパーツを作ったり、ブロガーが食べログに参加してもらう工夫をしました。

口コミグルメサイトの成長曲線 | 月刊「事業構想」2014年1月号

 

一方で、ユーザー獲得に一番効いた施策はSEOだとも言っています。

武田 ユーザーを獲得していく上で最も効いた施策は何ですか?

村上 SEOですね。店舗のデータベースをしっかり作ったのが効きました。当時(編注・2000年代中ごろ)は日本中の店舗を網羅するグルメサイトは1つもありませんでした。最初は日本中の雑誌や書籍を買いあさり、内製でお店を登録していきましたが、今ではユーザーが自発的に月に5,000店舗ほどの新しい店のデータベースを追加してくれています。

口コミグルメサイトの成長曲線 | 月刊「事業構想」2014年1月号

 

最近では安易にキュレーションサイトを作ってそこから送客させる手法がありますが、それで本当に事業目的が達成できるの?って疑問になるSEOが見受けられます。寄り添うSEOでありたい。

 

細やかなSEOも大事だが・・・

抽象度の高いレベルでSEOを述べてきましたが、細かい速度改善やmetaの実装、SERPの実装とか404ちゃんと返したり、URL変わったら301したり、sitemap作ったりというのもすごく大事です。そういうのはWeb上にノウハウがいっぱいあるしやればいいだけだから特に言うことはないです。

 

さいごに担当者であるぼく

だいぶ上から目線の煽りタイトルを付けました。

内容は少し前の自分への戒めでもあります。

SEOしてからプロダクトマーケットフィットというのはたぶん存在しない。

もやもやしている同じような担当者の力になれると嬉しい。