ベージュのコートにリクルートスーツで髪を黒く染めた女子大生をみて日本おかしい

就活生のイメージ=ベージュのトレンチコートにリクルートスーツ

http://livedoor.blogimg.jp/heppco_samurai/imgs/d/6/d6b9b982.jpg

もう見慣れた光景ですが、みんな同じ服装でぞろぞろ国際展示場に集結する季節になりました。女子就活生はみんな髪を黒く染めて、集団に同化することで自分を差別化し、内定をもぎ取ろうというのでしょうか?それが出来るのはかわいい子だけなんですが。はっ!もしや!
 

究極一緒に働きたいかどうかなので美人が勝つ

https://pimg.togetter.com/69436b0898bbf2a95c08ec7c1ec6b426b0c3bc99/687474703a2f2f6b61692d796f752e6e65742f70726573732f696d672f31323038373131375f3837323239393937323833383333335f383339393233313737303731303431373139355f6f2e6a7067

デザイン大事!でAppleが時価総額No1に君臨しているように、整ったものとか洗練されたデザインには何か心惹かれるものがありますよね。就活も同様にどっちか選べって言われたら当然かわいい方を選びます。結果いまの就活スキームは美人に有利な仕組みになっていると思われます。まぁマジメといえば聞こえは良いですが、ひるがえって何も自分でリスク取ってチャレンジせずぬくぬくと過ごしてきましたと同義です。煽っちゃいます。
 

じゃあどこで戦うべきか

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20151008/1066909/thumb_400_02_px400.jpg

差別化と行動によるビジョンの具現化が大切で、具体的にはインターンで普通に働いてみたり、小さいことでもゼロから自分の力でやってみることでかなりの差別化ができます。インターンをある程度長期間やってると、市場や顧客が自然とわかるので、バイトリーダーの苦労話の100倍は盛り上がる話ができます。
 
ただ流されるままにインターンしててもアホの子認定されるので、短期的な目標と5年くらいの目標は言語化して武装しておきたいところです。
 
友人がやってるのでちょっと宣伝
 

僕ならどんな人に内定をあげるか

採用担当者でもないのに恐縮なんですが、自分だったら一度でも「なるほど」を言わせられたら採用にしたい。何をしたにせよなぜなぜ口撃に耐えられる人とは一緒に働きたい。深い思考力は習慣なので、その習慣がついて・・・なんていうマジメなことはやめてキラキラ女子と働きたい!
 

就活女子もすぐにこんなキラキラ女子に・・・

http://thestartup.jp/wp-content/uploads/2013/09/ca.jpg

http://thestartup.jp/wp-content/uploads/2012/11/womantype_ca.jpg

 

http://cdn-ak.b.st-hatena.com/entryimage/196511358-origin-1400893936.jpg

 

キラキラすぎるよ・・・