読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログの記事を別のはてなブログに移動する時のSEO対策まとめ

はてなブログ

 

はじめに

雑多なこのブログであまりアクセスがない不動産系の記事をリライトして別のはてなブログに移動してみることにしました。その時に、重複コンテンツとしてGoogleに間違わられると困るのでその対策についてご紹介したいと思います。

 

はてなブログからはてなブログに記事を移動する方法

はてなブログからはてなブログへの記事の移動は、移動元の設定>詳細設定>エクスポートから記事データを取り出して、移動先のインポートでかんたんに取り込めます。

 

f:id:kitahashi-ryoichi:20161016135124p:plain

 

エクスポート&インポートの注意点はMovableType形式でエクスポートされるので、はてなブログ独自機能用の記法には対応していません。例えば、目次機能の"[:contents]"は出力後のHTMLタグとしてエクスポートされています。

 

記事を移動した後にやるべきSEO対策

  1. 移動元記事をGooglebotにインデックスされないようにする
  2. 移動先記事をGooglebotにインデックスされるようにする
  3. 移動先記事が重複コンテンツじゃないようにする

 

このような対策をするには、移動元記事にcanonicalとnofollow,noindex,noarchiveを入れれば対策することができます。ただ、はてなブログは標準でcanonicalを入れてたり、<head>タグにjavascriptで差し込む必要があるのでちょちょっとコーディングが必要になってきます。差し込むjavascriptは以下の通りです。

 

移動元記事に差し込むタグ

gist38f448ef83e5ac52a6fa58e5f16579ca

 

このスクリプトを移動元のHTML編集タブのところで一番最初にコピペして、「ここに移動先のURLを入れてください」 のところに移動先のURLを入れるだけです。やっていることは<head>にnofollow,noindex,noarchiveを追加してGooglebotにインデックスしないように伝えるのと、canonicalで移動先のURLの方を正にするようにしています。これで1〜3のSEO対策になるのでかんたんですが、システム化できないので結構辛い所はあります。

 

ついでに移動元は内部リンク構造も修正しておく

移動元記事はGoogle的には移動先のブログにぶら下がることになるので、移動元側の内部リンクを修正しておく必要があります。

 

削除する対象

  1. カテゴリー
  2. 過去記事としてのリンク
  3. その他関連記事のロジック

 

今回は「有明マンション」カテゴリーをまるごと移動したので、移動元記事からカテゴリーをすべて外しました。過去記事としてのリンクもいくつかあったので削除しています。これで記事移動のSEO対策は終わりです。

 

まとめ

移動元記事の<head>にcanonicalとrobotsのタグを入れる。可能であれば移動元記事の内部リンクを整理する。

 

お疲れ様でした。